新着情報TOPICS

2018年11月27日

製品情報

ソニーの光ディスク製品 「オプティカルディスク・アーカイブ」を販売開始

国際産業技術株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:立花和昭、以下KSG)はソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮島和雄、以下ソニービジネスソリューション)との代理店契約を交わし、ソニーの光ディスク製品「オプティカルディスク・アーカイブ」の販売を開始しました。

「オプティカルディスク・アーカイブ」システムは、11枚※1の業務用次世代光ディスク「アーカイバル・ディスク」をひとつの大容量ストレージとして扱うことが可能な新しいデータストレージシステムです。
カートリッジは保存時の温度・湿度の変化の影響を受けにくく、防塵性及び耐水性に優れたメディアを使用しているため、重要なデータの長期保存性に適しています。また、メディア世代間の互換保証によりアーカイブデータの再コピー作業(データマイグレーション)が不要となるため、管理リソースの低減や、更新時における移行データ量の削減など、長期的な運用コストを抑制することができます。
4K、8K制作の開始に伴い大容量化する、映像制作分野でのデータや、企業・教育・研究機関が保有するビッグデータの長期保存に対するソリューションとして、大きな可能性を持つ製品です。

KSGではこれまでに取り組んできたサーバー・ストレージビジネスの経験と実績を生かし、メディア業界に限らないエンタープライズ・研究機関に向け、階層管理ソフトウェアと組み合わせた階層型データストレージ管理ソリューション(HSM)の展開を本格的に取り組んでまいります。

※1 第2世代カートリッジにおいて

【取扱いラインアップ】
*オプティカルディスク・アーカイブドライブユニット『ODS-D280U』(USB3.0対応)
*PetaSite拡張型ライブラリーマスターユニット『ODS-L30M』
*ODS-L30M用ドライブ拡張ユニット『ODS-L60E』
*ODS-L30M用カートリッジ拡張ユニット『ODS-L100E』
*ODS-L30M用ドライブユニット『ODS-D280F』
*オプティカルディスク・アーカイブカートリッジ(3.3TB)『ODC3300R(追記型)』

販売開始時期:平成30年11月1日(木)

ソニービジネスソリューション株式会社 営業部門 デジタルアーカイブ推進室 室長 脇 昌弘様からのエンドースメント

ソニービジネスソリューションは、国際産業技術様によるオプティカルディスク・アーカイブの販売開始を心から歓迎いたします。IoTの発展によるデータ収集の加速やAIによるビッグデータの利活用が進む中、指数関数的に増え続けるデータをいかに効率的に管理するかは、大学・研究機関、金融、医療、製造、官公庁などさまざまな業種が共通で直面する一大テーマとなっています。
IT専門商社として、最先端のIT製品やストレージソリューションでお客様の課題を解決する国際産業技術様によるオプティカルディスク・アーカイブの販売開始は、日本市場において長期に渡る安全安心なデータアーカイブの普及をさらに促進するものであると確信しています。今後も弊社では、国際産業技術様とのパートナーシップを重視し、オプティカルディスク・アーカイブの販売支援を通じて、お客様のシステムにおける大容量データの長期安全保存とトータルコストの削減に貢献してまいります。

【オプティカルディスク・アーカイブについて】
オプティカルディスク・アーカイブは光ディスクのメリットを生かした、データの長期保存に適したストレージシステムです。オプティカルディスク・アーカイブは2013年の発売以来、放送局・ケーブルテレビ局など、放送業界を中心に採用が加速しています。また、研究用途、法規制、リスクマネジメントなどの用途で、大容量データおよび利用頻度の低いコールドデータの長期保存を必要とする大学・研究機関、金融、医療、製造、官公庁などさまざまな業種で採用が進んでいます。
・オプティカルディスク・アーカイブ製品のご紹介
http://www.sony.jp/oda/

【ソニービジネスソリューション株式会社について】
ソニービジネスソリューション株式会社は、ソニーの放送・業務用製品の販売とシステムインテグレーションを行う、ソリューションビジネスを展開しています。放送局、企業、官公庁、医療、大学、スタジアムといったマーケットを中心に、コンサルティングからシステム開発、運用・保守サポートまで、お客さまの課題にワンストップでお応えします。
・ソニービジネスソリューション株式会社のご紹介
http://www.sonybsc.com/

【国際産業技術株式会社について】
国際産業技術株式会社は、ICTエコシステムに貢献する新しいICT商社を目指しています。
独立系の強みを活かし、サーバー、ストレージ、ネットワーク機器、ワークステーション等のICT機器や保守用パーツ、ソフトウェア製品をマルチベンダーで且つ、国内外から新品・中古を問わず調達し、顧客のニーズに応じて店舗販売・ECサイト・訪問営業といった、多様な販売チャネルで展開しています。
また、ソリューション提案から、製品出荷時のキッティング、設置・環境設定、システム構築、保守サービスまでトータルインテグレーションに対応し、長年に渡り蓄積された独自のノウハウにより、高品質なサービスを提供しています。
https://www.ksgnet.com/

本ニュースリリースについてのお問合せ先
国際産業技術株式会社 マーケティング部
担当:高橋 継介
メール:pr@ksgnet.com 電話:03-3233-8004