よくある質問

Synology Products FAQ

Synology NAS 製品トップに戻る

Frequently Asked Questions

「HA」の検索結果:28件が見つかりました。

キーワードで検索

RAIDタイプの変更は、データを保持したまま可能でしょうか

可能です。下記ご確認ください。ただし、万が一の事を考えバックアップの取得を推奨致します。
https://kb.synology.com/ja-jp/DSM/help/DSM/StorageManager/storage_pool_change_raid_type?version=6

Synology High Availabilityを利用した場合、死活監視はクラスタIPに対してでしょうか?それとも全てのIPに対してでしょうか?

Synologyのみの場合は、HAのポートと相互監視のみ実施を致します。
クォーラムサーバがいれば、アクティブ・パッシブそれぞれ個別のIPに対して監視できます。クォーラムサーバがいなければ、HAポートポートの相互監視のみとなります。

SynologyA、B同士でSynology Drive ShareSyncで同期、その後BからCloudへCloud Syncでの同期の設定では可能でしょうか?

可能です。

Synologyのごみ箱機能は利用したいが、一般ユーザにゴミ箱フォルダを見せない運用をしたい。設定は可能でしょうか。

可能です。下記手順となります。
①[コントロール パネル] > [共有フォルダ] の順に選択します。共有フォルダを選択し、[編集] をクリックします。
②[ごみ箱を有効にする] のチェックボックスにチェックマークを付けます。
③administrators だけがごみ箱にアクセスできるようにするには、[管理者のみにアクセスを許可する] にチェックマークを付けます。
④[OK] をクリックして、設定を保存します
https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/help/DSM/AdminCenter/file_share_recycle

SynologyNASの共有フォルダ作成時の設定で隠し共有設定の様な設定可能でしょうか?

可能です。下記手順となります。
①[コントロール パネル] > [共有フォルダ] の順に選択します。共有フォルダを選択し、[編集] をクリックします。
②「「マイネットワーク」でこの共有フォルダを非表示にする」のチェックボックスにチェックマークを付けます。
③[OK] をクリックして、設定を保存します
https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/help/DSM/AdminCenter/file_share_create

HA機能は手動で切り替え可能でしょうか?

可能です。

Synology NASは、IPv6をサポートしていますか?

IPv6は以下のサービスでサポートされています。詳細はリンクをご確認下さい。
https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/tutorial/Service_Application/What_applications_on_Synology_NAS_are_IPv6_supported

Synology同士で複数拠点間での双方向同期は可能ですか?

Xs+シリーズ以上のモデルを使用し、SynologyDriveShareSyncをご利用頂くことで可能です。

ファイル共有リンク機能は、予めパスワードや公開期間等をテンプレート作成することは可能でしょうか? https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/help/FileStation/sharing

現状は対応しておりません。

Microsoft SQL、Exchange server などのデータベース サービスを実行しているサーバーをバックアップできますか?

はい、Active Backup for Businessを利用してデータベース サービスを実行するサーバーをバックアップできます。
サーバーをバックアップするには、バックアップ タスクでアプリケーション対応を有効にする必要があります。但し、アプリケーション対応を有効にすると、タスクの実行中にシステムはデータをディスクにフラッシュし、スナップショットを作成してデータの一貫性を確保します。
したがって、サーバーの使用頻度が高い場合は、システム のパフォーマンスが低下しないように、ピーク時以外の時間帯にこの種類のサーバーのバックアップ タスクを実行してください。

HA構成においてプライマリが故障した際に、本体もしくはHDD交換をした場合、再設定を行うにあたっての注意事項があれば教えてください。

HAに戻す前に以下の設定をする必要があります。
①データが残っていない場合:DSMのバージョンを合わせる、ホスト名及びネットワーク情報を設定する、Synology High Availabolityのインストールが必要となります。AD接続は必要ありません。
②データが残っている場合(本体交換のみの場合):元々組み込まれていたHDDを新しい筐体に組み込みます。マイグレーションをして頂くと初期設定は必要ありません。

Synology Chatは、外部に持ち出したスマホでもメッセージの送受信は可能でしょうか?

可能です。Synology側にSynologyChat Serverをインストールし、スマホにはSynology Chatをダウンロードしていただくと、外出先からでもSynologyに登録されているユーザーとメッセージの送受信が可能となります。

O365上のSharePoint と社内設置されているNASのデータ同期をさせたいのですが、グッドシンクサーバと連携させれば、実現可能でしょうか? https://365cloud.jp/sharepoint-online-and-nas-sync1/

グッドシンクサーバについては、Synology社がサポートしていないソフトウェアとなります。現状、SharePoint とSynologyで同期をする方法はございません。

SynologyDriveをダウンロードしてデータの同期をしたら、ローカル容量を使ってしまうのでPCの容量が足りなくならないでしょうか?

オンデマンド同期の機能を有効にすればローカルPCの容量の消費を抑えることができます。
※オンデマンド同期はWindows 10 バージョン 1809 以降で使用可能な機能となります。https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/tutorial/Collaboration/What_is_On-demand_Sync

ファイル名やフォルダ名での命名ルールや禁則文字、その他の制限はありますでしょうか。

https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/help/DSM/AdminCenter/file_share_create

※上記ページ内「共有フォルダの名前付けの規則:」に則ります。
クライアントのOSごとに制限がありますので別途ご確認ください。

UPSを設置する場合、UPS管理ソフトもSynology側で無償のものがありますか?

Synologyの標準機能でUPS管理機能がございますので設定をしていただくだけで大丈夫です。
別途ソフトを購入していただく必要ごがざいません。
設定手順は下記リンクを参照ください。
https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/help/DSM/AdminCenter/system_hardware_ups

遠隔地(例九州)からFAXのデータを、本社(例東京)にあるSynoloyに飛ばして保存することは可能ですか?

Synologyの機能でFAXからデータを受け取るものはありません。
VPN環境があり、同一ネットワーク内にSynologyとFAX機がありCIFS経由でデータを保存する機能がFAXにあれば実現可能です。またSynologyが二台あるのであればVPNが無くてもSynologyDriveShareSyncを利用することによって同期は可能です。

HA構成にて拡張筐体を追加した場合、拡張ボリュームのデータもリアルタイムコピーされますか?

拡張ボリュームのデータもリアルタイムコピーされます。

HA構成にて、計画してNASの電源を停止する手順を教えて頂けないでしょうか。

High Availability Managerよりクラスタのシャットダウンをする必要があります。
Synology HA環境でのシャットダウン方法.pngをご確認ください。
シャットダウン時の注意点はバックアップなどサービスが起動中を避けていただくことです。
起動時は2台とも同じタイミングで起動してください。
操作詳細はSynology社のマニュアルをご確認ください。
https://global.download.synology.com/download/Document/Software/UserGuide/Package/HighAvailability/All/jpn/Synology_High_Availability_Guide_jpn.pdf

HA構成にてフェイルオーバーが発生した場合、切り戻しは自動で発生するのでしょうか? フェイルオーバーが発生しパッシブに切り替わった場合に、アクティブ側が復旧後自動で切り戻しは発生するのか。
管理者が手動で切り戻す運用でしょうか?

切り戻しは自動では行われません。
通常の運用ではアクティブ側が復旧した後も、そのままの状況で利用されるのが一般的です。

DSMの更新はインターネット接続が必要でしょうか? NASは基本インターネットへの接続は必要でしょうか?
ファイヤーウォールで制限するのであれば、何ポート開放するべきでしょうか?

DSMの更新はインターネット経由のほか、パッケージでのインストールも可能です。
SynologyNASがインターネットに接続できない場合は、インターネットアクセス可能なPC
からSynology社のホームページにアクセスし、パッケージをダウンロードする必要があります。
デフォルトではSynologyにアクセスする為のポートは5000番(http)と5001番(https)です。
一般的に80番と8080番ポートはインターネット接続に必要ですのでこちらも許可する必要があると思います。
https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/tutorial/Network/What_network_ports_are_used_by_Synology_services

HA構成を構築しますが、ハートビートLANは冗長可能でしょうか?
ハートビートに指定するLANを冗長したLANで構成が可能でしょうか?
ハートビートのLANポートは直結が推奨でしょうか?
それともスイッチを接続しても良いのでしょうか?
ハートビートのLANを直結した場合、何方かのLANが故障しリンクアップしない場合、双方のハートビートがリンクダウンすると思います。構成上Active/Activeになったりするのでしょうか?

ハートビートは冗長可能です。HAを組む前に二台のSynologyそれぞれでBONDを作成してください。設定は負荷分散です。
ハートビートの接続は直結のみサポートしています。スイッチ経由での設定はできません。
ハートビート結成が失われた場合はActive/Activeとなりスプリットブレイン状態になる可能性があります。修復方法などに関しては下記URLを参照ください。
https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/help/HighAvailability/split_brain

RAIDコントローラーは二重化になっておりますでしょうか?

Syonogyはシングルコントローラーとなります。
冗長化をご検討の場合、HA(high-availability )での構築となります。

AとA'でHA構成した時に、Aだけ別途バックアップ取る事は可能ですか?

HA構成の場合、片側のみをバックアップする設定は出来ません。HAのクラスタIPからアクセスして設定しますので、AとA´が同時にバッアップ設定されます。

Synologyに外部から接続する場合にポート設定が必要ですか。

お客様の環境により必要がある場合がございます。Synologyが使用するポート番号はURLをご参照ください。https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/tutorial/Network/What_network_ports_are_used_by_Synology_services

High Availabillity機能は全機種利用可能ですか。

いいえ。対応可能な機種はURLをご参照ください。https://www.synology.com/ja-jp/products?soft_feature=SHA

容量の違うHDDを使用してRAIDを設定することはできますか。

はい。Synology Highbrid RAIDを利用することで設定可能です。詳しくはこちらのURLをご確認ください。https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/tutorial/Storage/What_is_Synology_Hybrid_RAID_SHR

社内でUTMを利用していますが、QuickConnectによる外部接続は可能でしょうか。

はい。可能です。ただし、QuickConnect用にポートを開放していただく必要があります。対象ポートはURLをご参照ください。https://www.synology.com/ja-jp/knowledgebase/DSM/tutorial/Network/What_network_ports_are_used_by_Synology_services