DS3617xsスペック

製品カタログ(PDF版)はこちらから

ハードウェア仕様

CPU

CPU

CPUモデル Intel Xeon D-1527
CPUアーキテクチャ 64-bit
CPU 周波数 4-core 2.2 (ベース) / 2.7 (ターボ) GHz
ハードウェア暗号化エンジ (AES-NI) 対応

メモリ

メモリ

システム メモリ 16 GB DDR4 ECC SO-DIMM
プリインストールされたメモリ モジュール 16 GB (8 GB x 2)
メモリスロット数 4
メモリの拡張上限 48 GB (16 GB + 16 GB x 2)
メモ
  • Synology はサプライヤーの製品ライフサイクルに応じてより高い周波数のメモリモジュールに交換する権利を有しています。性能の違いが生まれないよう、同じベンチマークによってその互換性と安定性が厳しく検査されますのでご安心ください。
  • 最良の互換性と信頼性のために、Synology メモリモジュールお選びください。Synology 製以外のメモリを使ってメモリを拡張された場合は、Synology は製品保証およびテクニカル サポートを提供いたしません

ストレージ

ストレージ

ドライブ ベイ 12
拡張ユニット使用時の最大ベイ数 36
互換性のあるドライブ タイプ* (サポートされるすべてのドライブはこちら)
  • 3.5" SATA HDD
  • 2.5" SATA HDD
  • 2.5" SATA SSD
最大内部生容量 192 TB (16 TB drive x 12) (容量は RAID タイプにより異なります)
拡張ユニットによる最大 Raw 容量 576 TB (192 TB + 16 TB drive x 24) (容量は RAID タイプにより異なります)
最大シングル ボリュームのサイズ*
  • 200 TB (32 GB RAM 必須、RAID 5 または RAID 6 グループのみ)
  • 108 TB
ホットスワップ可能なドライブ 対応
メモ
  • 「互換性のあるドライブ タイプ」は、Synology 製品と互換性があることを試験済のドライブです。この用語は、各ドライブベイの最大接続速度を示すものではありません。
  • 最大物理容量は、最大の単独のボリュームサイズによって制限されません。Synology NAS モデルは、それぞれの作成されたボリュームが制限値以下である限り、最大のボリュームサイズを上回る容量を活用できます。 (詳細を見る)
  • 各内部ボリューム (複数のドライブ構成あり) は、最大 108TB (メモリが 32GB 未満) または 200TB (メモリが 32GB 以上) まで拡張可能です。

外部ポート

外部ポート

RJ-45 1GbE LAN ポート 4(Link Aggregation / フェイルオーバー対応)
USB 3.0 ポート 2
拡張ポート 2

PCIe

PCIe

PCIe 拡張 1 x Gen3 x8 slot (x8 link)
アドインカードのサポート
  • PCIe ネットワーク インターフェース カード (詳細を見る)
  • SSD キャッシュ用 M2D18 - デュアル M.2 SATA SSD アダプター カード
メモ M2D18 装備の DS3617xs は M.2 SATA SSD のみをサポートします。 M.2 NVMe/AHCI PCIe SSD はサポートされません。

ファイル システム

ファイル システム

内部ドライブ
  • Btrfs
  • EXT4
外部ドライブ
  • Btrfs
  • EXT4
  • EXT3
  • FAT
  • NTFS
  • HFS+
  • exFAT*
メモ exFAT Access は、パッケージセンターで別途購入することができます。

外観

外観

外寸(高さx幅x深さ) 270 mm x 300 mm x 340 mm
重量 9.8 kg

その他

その他

システムファン 120 mm x 120 mm x 2 pcs
ファン速度モード
  • 最高速度モード
  • 冷却モード
  • 低ノイズモード
簡単に交換できるシステム ファン 対応
電源復旧 対応
ノイズレベル* 22.3 dB(A)
電源をオン/オフに予約する 対応
Wake on LAN / WAN 対応
電源ユニット / アダプタ 500 W
AC 入力電源電圧 100 V から 240 V AC へ
電源周波数 50/60 Hz, 単相
消費電力* 108.2 W (アクセス)
53.4 W (HDD ハイバネーション)
英熱量 369.4 BTU/hr (アクセス)
182.3 BTU/hr (HDD ハイバネーション)
メモ
  • 電力消費量は、Western Digital 1TB WD10EFRX ハードドライブにデータをフル ロードした状態で測定されています。
  • ノイズレベルのテスト環境:Seagate 2TB ST2000VN000 ハードドライブをアイドル状態でフル装備。G.R.A.S. 2 個タイプ 40AE マイク、それぞれ Synology NAS の前後から 1 メートル離して設置。背景ノイズ:16.49-17.51 dB(A)、温度:24.25-25.75˚C; 湿度:58.2-61.8%

温度

温度

動作温度 5°C から 40°C (40°F から 104°F)
保管温度 -20°C から 60°C (-5°F から 140°F)
相対湿度 5% から 95% RH

認証機関

認証機関

  • EAC
  • VCCI
  • RCM
  • KC
  • FCC
  • CE
  • BSMI

保証

保証

5 年
メモ 購入レシートに記載の通り保証期間は購入日から開始します。(詳細を見る)

環境

環境

RoHS 準拠

パッケージ内容

パッケージ内容

  • 本体 1 台
  • アクセサリ パック 1 個
  • AC 電源コード 1 本
  • RJ-45 LAN ケーブル 2 本
  • クイック インストール ガイド 1 冊

オプションのアクセサリ

オプションのアクセサリ

  • D4ECSO-2666-16G DDR4 ECC SO-DIMM*
  • Surveillance Device License Pack
  • 拡張ユニット: DX1215 X 2
  • Synology Ethernet アダプタ E10G17-F2
  • Synology Ethernet アダプタ E10G18-T1
  • Synology Ethernet アダプタ E10G18-T2
  • Synology M2D18 M.2 SSD アダプター カード
  • VS360HD
  • VS960HD
メモ すべてのメモリモジュールは、CPU メーカーが指定した最大周波数で動作します。

DSM 仕様

ストレージ管理

ストレージ管理

最大内部ボリューム数 128
iSCSI Target の最大数 256
iSCSI LUN の最大数 512
iSCSI LUN クローン/スナップショット、Windows オフロード データ転送 (ODX) 対応
SSD 読み取り/書き込みキャッシュ (White Paper) 対応
SSD TRIM 対応
RAID Group 対応
対応する RAID タイプ
  • RAID F1
  • Basic
  • JBOD
  • RAID 0
  • RAID 1
  • RAID 5
  • RAID 6
  • RAID 10
RAID マイグレーション
  • Basic to RAID 1
  • Basic to RAID 5
  • RAID 1 to RAID 5
  • RAID 5 to RAID 6
大きいハードディスクでボリュームを拡張する
  • RAID F1
  • RAID 1
  • RAID 5
  • RAID 6
  • RAID 10
ハードディスクを追加してボリュームを拡張する
  • RAID F1
  • JBOD
  • RAID 5
  • RAID 6
Global Hot Spare 対応 RAID タイプ
  • RAID F1
  • RAID 1
  • RAID 5
  • RAID 6
  • RAID 10

ファイル サービス

ファイル サービス

ファイル プロトコル CIFS/AFP/NFS/FTP/WebDAV
CIFS、FTP、AFP の最大同時接続数 2,000
CIFS、FTP、AFP の最大同時接続数 (RAM 拡張にて) 10,000
Windows アクセス コントロール リスト(ACL)統合 対応
NFS Kerberos 認証 対応

アカウントと共有フォルダ

アカウントと共有フォルダ

最大ローカルユーザーアカウント数 16,000
最大ローカルグループ数 512
最大共有フォルダ数 512
共有フォルダの同期の最大タスク数 16

High Availability

High Availability

Synology High Availability 対応

ログ センター

ログ センター

対応
Syslog イベント/秒 3,000

仮想化

仮想化

VMware vSphere 6 with VAAI 対応
Windows Server 2012 対応
Windows Server 2012 R2 対応
Windows Server 2016 対応
Citrix Ready 対応
OpenStack 対応

一般仕様

一般仕様

ネットワーキング プロトコル SMB1 (CIFS), SMB2, SMB3, NFSv3, NFSv4, NFSv4.1, NFS Kerberized sessions, iSCSI, HTTP, HTTPs, FTP, SNMP, LDAP, CalDAV
対応ブラウザ
  • Chrome
  • Firefox
  • Edge
  • Internet Explorer 10 以降
  • Safari 10 以降
  • Safari (iOS 10 以降)
  • Chrome (Android 6.0 以降)
対応言語 English, Deutsch, Français, Italiano, Español, Dansk, Norsk, Svenska, Nederlands, Русский, Polski, Magyar, Português do Brasil, Português Europeu, Türkçe, Český, ภาษาไทย, 日本語, 한국어, 繁體中文, 简体中文

アドオン パッケージ完全パッケージ リストを表示

Antivirus by McAfee (Trial)

Antivirus by McAfee (Trial)

対応

Central Management System

Central Management System

対応

Synology Chat

Synology Chat

対応
最大ユーザ数 4,000
メモ
  • Synology Chat の同時 HTTP 接続数は、最大値に設定されました。
  • CPU と RAM の使用率は、推奨されるクライアントで数をテストした場合、双方とも 80% を下回りました。
  • 拡張可能なメモリでテストが完了しているモデルには、最大量の RAM がインストールされています。

Cloud Station Server

Cloud Station Server

対応
ホストされるファイルの推奨数 3,000,000
PC クライアントの場合の同時接続推奨数 1,800 (ホストされたファイルの推奨数に達した場合、接続数は維持されます)
メモ
  • 同時接続されたデバイスの最大数は、同時に接続したままでいられるデバイスの最大数のことです。
  • ホストされるファイルの最大数とは、Cloud Station Server サービスによってインデックス化され、ホストされることが可能なファイルの最大数を意味します。RAM 拡張はテスト中には使われません。
  • 前記のテストにおいては、暗号化されていない共有フォルダーが使われます。

Document Viewer

Document Viewer

対応

Download Station

Download Station

対応
同時ダウンロードタスクの最大数 80

exFAT Access(オプション)

exFAT Access(オプション)

対応

Synology MailPlus / MailPlus Server

Synology MailPlus / MailPlus Server

対応
無償の電子メールアカウント 5 (それ以上のアカウントについてはライセンスが必要です)
同時ユーザーの最大数 450
サーバーの最高性能 3,363,000 件 Eメール /日, 約 102GB
メモ
  • CPU と RAM の使用率は、同時ユーザーの最大数でテストした場合、双方とも 80% を下回りました。
  • 拡張可能なメモリでテストが完了しているモデルには、最大量の RAM がインストールされています。
  • 2 SSD ユニットが装着されている 5 ベイ(またはそれ以上)NAS モデルには、読み書き SSD キャッシュが埋め込まれています。
  • 2 台のサーバーでデータの同期を行うため、high-availability モードではメール システムの性能が若干劣ります。
  • 上記の全テストで有効にした機能:スパム対策、ウイルス対策、DNSBL、グレイリスト、コンテンツ スキャン、全文一致検索(英語のみ)。

Media Server

Media Server

対応
DLNA コンプライアンス 対応

Moments

Moments

対応
顔認識 対応
対象認識 対応
自動カラー と回転 対応
Momentsセレクト 対応

PetaSpace

PetaSpace

対応

Snapshot Replication

Snapshot Replication

対応
共有フォルダ毎の最大スナップショットの数 1,024
システム スナップショットの最大数 65,536

Surveillance Station

Surveillance Station

対応
最大 IP カメラ数 (ライセンス必須) 75 (2 個の無償ライセンスを含む) (サポートされるすべての IP カメラはこちら)
フレーム/秒 (H.264) 2250 FPS @ 720p (1280x720)
1050 FPS @ 1080p (1920x1080)
600 FPS @ 3M (2048x1536)
500 FPS @ 5M (2591x1944)
500 FPS @ 4K (3840x2160)
フレーム/秒 (H.265) 2250 FPS @ 720p (1280x720)
2250 FPS @ 1080p (1920x1080)
2250 FPS @ 3M (2048x1536)
1875 FPS @ 5M (2591x1944)
975 FPS @ 4K (3840x2160)
フレーム/秒 (MJPEG) 900 FPS @ 720p (1280x720)
450 FPS @ 1080p (1920x1080)
280 FPS @ 3M (2048x1536)
200 FPS @ 5M (2591x1944)
メモ
  • Surveillance Stationのスループット(処理能力)は、Surveillance Stationからのライブビューを使った継続的な録画と、カメラによる動作検出を使用して、Axisネットワークカメラを使ってテストされます。同時にLocal Displayで配信されます。ライブビューイングのビデオおよび録画は、カメラからの同じビデオストリームをシェアします。
  • 最大チャネル数には、Virtual DSM にインストールされているデバイスも含まれます。
  • 同時に実行される他のサービスの影響を受ける可能性がある FPS の合計 (Archive Vault によって実行されるアーカイブタスクなど)。

Synology Drive

Synology Drive

対応
ホストされるファイルの推奨数 3,000,000 (Synology Driveによってインデックスまたはホストされたファイルに適用されます。その他の標準プロトコルによるファイルアクセスについては、前述のファイルサービス セクションをご覧ください)
PC クライアントの場合の同時接続推奨数 1,800 (ホストされたファイルの推奨数に達した場合、接続数は維持されます)
メモ
  • 拡張可能なメモリでテストが完了しているモデルには、最大量の RAM がインストールされています。
  • 上記の水準を超えると、ファイル操作における応答性が長くなることがあります。
  • 前記のテストにおいては、Btrfs ファイルシステムでかつ暗号化されていない共有フォルダーが使われました。

Synology Office

Synology Office

対応
最大ユーザ数 2,900
メモ
  • テストのため複数のファイルが開かれました。そして各ファイルが30人のユーザーによって同時に編集されました。
  • CPU と RAM の使用率は、推奨されるクライアントで数をテストした場合、双方とも 80% を下回りました。
  • 拡張可能なメモリでテストが完了しているモデルには、最大量の RAM がインストールされています。
  • クライアントの性能は、最大同時編集ユーザ数に影響を与える可能性があります。テスト用クライアント PC:Intel Core i3-3220 / 8GB RAM

Video Station

Video Station

対応
ビデオ コード変換 グループ 1 - タイプ 1 (詳細はこちらをお読みください)
コード変換チャンネルの最大数 1 チャンネル, 30 FPS @ 1080p(1920×1080), H.264 (AVC)/MPEG-4 Part 2 (XVID, DIVX5)/MPEG-2/VC-1

Virtual Machine Manager

Virtual Machine Manager

対応
推奨の仮想マシン 8 (詳しく読む)
推奨する Virtual DSM の数 (ライセンスが必要です) 8 (1 個の無償ライセンスを含む)
メモ 仕様はシステム構成とメモリ サイズによって異なります。

VPN Server

VPN Server

対応
最大接続数 40

注意事項:

  • モデルの仕様は予告なしに変更されることがあります。
  • 数値は Synology の内部テストによるものです。パフォーマンス テスト中は他のサービスまたはアプリケーションは処理されません。