後輩の良き手本となれるよう
3 年目の飛躍を誓う

SP営業部 佐藤 有紀


Q : 入社されてどれくらいになりますか?

A : 2 年目です。

Q : では、まだ就職活動の記憶が新しいかと思うのですが、この会社を選んだ決め手は何でしたか?

A : 実は、化粧品会社を第一志望だったのですが、なかなかうまく行きませんでした。
 そんなタイミングでこの会社の面接を受けたのですが、面接官だった青木部長が、 役員なのにとても気さくにお話ししていただき、新人にもどんどんチャンスをくれると言ってくださったので、 「なんかこの会社いいな」と思いました。
 それにオフィスの雰囲気もとても良かったので、内定をもらって、すぐに決めてしまいました。

Q : 入社してみて実際はどうでしたか?

A : 想像どおり、皆さんとてもやさしくて、入社して良かったと思っています。

Q : ITに関しては、どうでしたか?

A : パソコンは普通には使えるのですが、サーバとかストレージ、システムなどについては、まったく無知でしたので、正直不安はありました。 興味はあったのでなんとかなるかなと思っていたのですが、やっぱり難しいですね。毎日が勉強です。

Q : 佐藤さんのお仕事内容を聞かせてください。

A : SP営業部という、主に法人のお客様向けに、製品の販売やシステムのご提案を行っている部署で、営業アシスタントをやっています。
 具体的には、営業スタッフが持ってきた案件の、見積作成や受発注処理、出荷・売上処理などを行っています。
 あと、営業担当者が外出などで不在にしている時などに、お客様や取引先様への電話やメールの応対もします。

Q : 仕事する上で、意識していることはありますか?

A : 受発注や出荷などは、間違えるとお客様だけでなく、取引先や社内にも大きな迷惑をかけてしまうため、ミスが許されない仕事です。
 ですから、どんな小さいことでも慎重にやるように心がけています。でも、失敗ばかりですが(笑)

Q : お休みの日は何をしていますか?

A : 最近、自転車のクロスバイクを買いました。本格的に走るというのではなく、 買い物や外出のときとかに乗る感じなのですが、楽しいです。
 あと、父が突然、電子ピアノとギターを買ってくれたので、家で弾いています。
 ピアノは子供のころに習っていたのですが、ギターは初めてだったので、最初はまったく分からなかったのですが、 最近やっとコードが分かってきて、先日、最初から最後まで1曲全部弾けるようになりました!まだその1曲だけですが(笑)

Q : 佐藤さんは書道もお上手と聞いているのですが。

A : 祖父が書道の先生をやっていたので、小さい頃から中学生くらいまで習っていました。
 でも最近は全然やっていないので、下手になっていると思います。

Q:最後に今後の目標みたいなものがあれば、聞かせてください。

A:あと半年ほどで3年目を迎えるので、もっと色々なことを勉強して、今までの仕事の範囲を超えたことにチャレンジしてみたいです。
来年の4月にはまた新人が入ってくると思うので、先輩として少しでもお手本になれるように、頑張っていきたいです。

今日はお忙しい中、ありがとうございました。



【ちょっと横顔】

 書道8段という佐藤さん。KSGのホームページで、たまに筆文字が登場するのですが、それは佐藤さんによるものです。是非注目してみてください。
 他にも自転車や音楽など色々な趣味を持ち、お酒もたしなむ一方、仕事では、先輩としての自覚が芽生えてきているみたいですね。
今後の活躍が楽しみです。頑張ってください!




昨年末に取引先に配られたワイン。
ラベルの「感謝」は佐藤さんが書いたそうです。さすがは8段。




ECサイト「PG-Direct」の運営に関する、
あらゆる業務に精通

EC営業部 田島 春江


Q : 田島さんは入社されて何年目になりますか。

A : 5年くらいだと思います。
 入社当時は、個人ユーザー様からのパソコンの買取を行っていたので、 その受付と対応、時には査定も行っていました。

Q : 現在のお仕事内容をお聞かせいただけますか。

A : EC営業部は弊社のECサイト「PG Direct」の運営を行っているのですが、私は主に、 製品の仕入れ、受注、倉庫からの引き上げ指示、作業依頼などをしています。
 また、アマゾンや最近ではYahoo!ショッピングでも販売を始めたので、そこでも同様に、仕入れから作業依頼までを行っています。 あとは、お客様からの電話やメールへの対応、一部コンシューマ向け製品も扱っているので、個人のお客様の対応もします。

Q : 作業依頼とは、どんな作業なのでしょうか。

A : 弊社では、以前「ottoダイレクト」という、PCや周辺機器を扱うコンシューマ向けのECサイトを 運営したのですが、今は方針を転換し、店名も変えて、主に法人向けのサーバなどを扱うように なっています。サーバは、受注をしてからそのまま出荷するというケースもありますが、メモリの 増設やハードディスクの組込など、お客様のご要望にあった形にセットアップしてから納品する場合 が多いので、そうしたセットアップ作業のことを言います。
 作業自体はESサポート部という部署で行っているので、そこに要望内容を伝えて作業をしてもらいます。

Q : お仕事をしている上で、気を付けていること、また意識していることがあれば教えてください。

A : 基本的なことですが、「受注内容の間違いをしない」ということを一番気を付けています。 先程も言いましたが、サーバは製品自体に加えセットアップが必要になるので、製品は合っていても、セッ トアップの内容を間違えていたら、意味がありませんので、要望内容の確認は常に気を付けています。
 あとは、コミュニケーションを円滑にするように意識しています。例えば、今年3月の消費増税前に 注文が集中してしまい、ESサポート部の担当者から悲鳴が聞こえてきそうな状態になってしまったの ですが、何とか気持ちよく仕事をしてもらうと、通常の時よりも、優先順位や依頼内容に気を使いな がらやりました。
 本当に大変だったのですが、無事に全て出荷出来て、ESサポート部の皆さんに感謝しています。

Q : お休みの日は何をしていますか。

A : のんびりしているのが好きです。 趣味というものがないのですが、天気のいい日は、主人と自転車で 北千住や綾瀬、亀有などに30〜40分くらいかけて、のんびりとサイクリングをする時があります。着い た先で食事をすることもあるのですが、ビールが美味しいです(笑)
 あと、今はもうやっていないのですが、以前はテニススクールに通っていました。スクールの大会があったのですが、女子の部の敗者 復活戦で1位になったことがあるんです。

Q : 敗者復活戦の1位!?

A : そう、確か優勝ではなくて、敗者復活戦で勝ち上がったみたいな・・・。よく覚えていないんですが、 でも、すごいですよね!?

Q : はい。すごいです。多分・・・。
 お仕事のお話しに戻りますが、今後取り組んでみたいことなどはありますか。

A : 先程からお話ししているとおり、今は受注から出荷までのことをやっているのですが、顧客を増やす方法 などを考えてみたいと思っています。
 ECサイトですので、アクセス数を増やしたり、受注率を上げるため の施策や、分析などもやってみたいです。

今日はお忙しい中、ありがとうございました。


【ちょっと横顔】

 私が訪問すると笑顔で対応してくださる田島さん、いつもありがとうございます。すごくおっとりとした 感じの方なので、私の中では「運動は苦手です。」というイメージが出来上がっていたのですが、なんと テニス大会で大活躍したり、週末には自転車で長距離を走り、その後のビールがうまいだなんて、ちょっと、 いや、かなり意外でした。これからも頑張ってください。


仕事も趣味も
こだわりを持って取り組む

ソリューション営業部 正岡 勝利


Q : 正岡さんが携わっている、主な業務内容を教えてください。

A : 私はソリューション営業部(SOL営業部)に所属していまして、主にサーバ等の機器の 販売と保守サービス の営業を行っています。
 販売の方は、海外から中古品を買取り、それを国内のお客様に販売するというのが メインですね。

Q : 中古品を海外から取り寄せるんですか?

A : ご存じ無い方も多いのかもしれませんが、実は、中古市場は海外の方が大きいんです。日本では法人の多く がリースを利用しています。当然リース契約期間中は、その製品を使用するので、モノは出てきません。
 そしてリース契約が終了するころには3年とか5年が経過していて、中古市場に出て来ても なかなか値段が付かないんです。一方、海外はリースという概念が無く、ほとんど購入するので、 短期間で市場に出てくることも多く、比較的新しく、良質の中古品が出てくるんです。
 それを我々のような商社が買い取って、国内のユーザー様向けに販売します。

Q : なるほど海外の方が中古市場は動いているのですね。では、海外の企業との取引はどのような形で、 始めたのですか?

A : ASCDI-NATDという世界最大の中古IT機器を扱う企業が集まった組合があるのですが、弊社もそれに加盟して  おり、そこから情報が来ます。
 日本は「問合せ→仕様決め→予算計上→買い」とプロセスを踏むんですが、海外は「問合せ=即買い」という考え方なので、 加盟当初は、色々と大変だったようです。
 でも今は、海外の取引先にも日本の商習慣みたいなものをだいぶ理解してもらえるようになったので、 スムーズに進められるようになってきました。

Q : 販売におけるKSGの強みは何でしょうか?

A : これは実際にあった例なのですが、あるお客様からこのサーバを1週間以内に欲しいとメーカー、型番まで 指定したご依頼がありました。ただ、通常新品ですと納期は約1か月はかかります。そこで、
@ 納期は通常の 1 か月を待っていただき、メーカー保守を受けられる国内正規品の新品にするか、
A 納期を最優先し、1週間以内にモノを用意するが、新品ですが並行輸入品のために保守は受けられない。
という2パターンのご提案をしました。そのお客様は納期を優先し A を選んでいただいたのですが、
このような提案が出来るのは弊社の強みではないかと思っています。

Q : 販売の他に、保守サービスとおっしゃっていましたが、どのようなことをしているのですか。

A : 元々保守は、メインのサービスではなく、頼まれたらやりますよ程度だったんです。ある時、私が担当させて いただいたお客様から、資産として計上しなければならないメンテナンス用に保管している部材があり、これ がある一定額以上になると、社内で取り纏めるのが難しくなるので、どうにかならないかとのご相談を受けた のがきっかけで、弊社で部材を準備して、不具合が発生した場合にそれを使って何回でも補修する「預託保守」 という形の保守契約を結ばせていただきました。
 そのスキームにビジネスチャンスを感じ、全社的に保守をサービスの一つとして扱うことになり、 今では弊社の主流業務の一つまで成長しました。
 特に震災後は導入した機器を長く使うという考えが出てきて、これまで中古を採用してこなかった銀行や証券などの金融機関や携帯 キャリアなど大企業、また官公庁にもご採用いただくようになりました。

Q : お休みの日は何をされていますか。

A : 今、自転車のロードバイクにハマっています。もともと車やオートバイが好きで乗ったり、エンジンを分解し たりしていました。
 バイクは大型が好きでスズキのGSX-R1100というのに乗っていたんですよ。でも両方とも売ってしまい、 今は自転車1本です。最初は軽い気持ちで買ったのですが、乗り始めると機械好きの血が騒いで、ホイールやコンポーネントなどをカスタマイズしちゃいますね。
 あと、中学の時に始めた写真は今でも好きで、続けています。凝り性なので、ハマるととことんやっちゃいます。

Q : またお仕事のお話しに戻りますが、お仕事をする上で「ここを意識している」ということがあれば教えてくだ さい。

A : 実は私、転職を 9 回しているんです。

Q : 9 回!!!

A : ずっと、ITというか機械関係なのですが、この会社で営業をやらせてもらうようになった当初は、売上を伸ばす ことができず苦労しました。
 そんな時、藁をもつかむ思いで、前の会社の取引先に営業に行ったら、すごく好 意的に対応していただいて、取引を開始してくれたんです。そこは今でも担当させてもらっています。
 その時の感謝の気持ちと、誠実に応対すれば相手に伝わるという想いを持って取り組んでいます。目先の粗利ももちろん 大切ですが、長い目で見た双方の利益ということも考えながらやっていきたいと思っています。

本日はお忙しい中、ありがとうございました。


【ちょっと横顔】

一見、歌舞伎や新劇などに登場する役者さんのような、クールな目元な正岡さん。是非一度着流し姿を見てみたい と思いながら、お話しを聞いていました。車は売ってしまったと言っていましたが、実は現在納車待ちとのこと。 次は8年落ちのアルファロメオ147ですって。まぁ〜、また癖のある車を選びましたね。でも「ツインスパークの 最後のエンジンに乗りたい」と、機械音痴の私にはまったく意味不明な理由で決めたそうです。何でもこだわる 凝り性の正岡さん、今後も頑張ってください。


きめ細やかな気配りで、
営業スタッフを陰で支える。

SP営業部 野宮 孝子


Q : SP営業部の業務内容を教えてください。

A : 法人のお客様向けに主にサーバの販売を行っています。
 他に、ESサポート部や外注のお取引先様と一緒に、お客様が導入後すぐに運用できるよう、環境の構築をしたり、 また、SOL営業部と重なる部分もあるのですが、 保守やレンタルのご提案を行うなど、 弊社の強みである物販と保守をトータルでご提供しています。

Q : その中で、野宮さんはどんなお仕事をされているのですか?

A : 営業スタッフのアシスタントとして、請求書、見積書の作成や、電話、メール対応、あと営業担当が外出など で不在にしている時のフォローなどが主な仕事です。

Q : お仕事の上で気を付けていることはありますか?

A : 出荷する商品が多い時などに、見積作成や、問合せ対応などが重なると、結構バタバタしてしまうので、自分 の中で優先順位をつけて、効率的に出来るよう考えながらやるようにしています。
 あと、お客様はもちろんですが、仕入れ先様とも良い関係づくりを出来るように気を付けています。 例えば、こちらから見積依頼をさせていただいた時には、その案件がどうなっているのか、 状況を逐次ご報告するようにしています。

Q : そういった細めなフォローは、忙しくなるとなかなか出来ることではないですね。
素晴らしい。

A : いえ、全て出来ているわけではないんですが(笑)。ただ、先方(仕入れ先様)も見積を出せば、やはりその 後どうなったか状況を知りたいというのは当然だと思いますし、相手の立場だったらと考えて、出来る限りの ことはするように心がけています。

Q : お休みの日は何をされていますか?

A : 近所をブラブラしながら、知らないお店に入ったりするのが好きですね。よく見ていると、意外と穴場的な お店とかが結構あるんです。

Q : それは、どんなお店ですか?

A : 小料理屋さんみないなお店って近所にあったりするじゃないですか、そういうところにフラっと入ったり します。安くておいしいし、お店の人も親しく話しかけてくれて、結構楽しいです。

Q : 女性一人で入るのって、結構勇気がいると思うのですが、すごいですね。他には何か趣味みたいことはありま すか?

A : 趣味というのは特にないんですが、ジムに行ったりします。そんなに頻繁ではないですが。

Q : ではまたお仕事の話しに戻りますが、これからどういったことやっていきたいですか?

A : まずは、今の仕事をしっかりやっていくというのが目標ですが、もし、出来るならマーケティングや経営企画 みたいなお仕事に興味があります。
 まずは勉強をしないといけませんが、いつか会社全体のことを考える仕事というのをやってみたいです。

素晴らしいですね。是非実現できるように頑張ってください。今日はお忙しい中、ありがとうございました。


【ちょっと横顔】

今回、初の女性社員として登場していただいた野宮さん。ジムではランニングマシンを1時間ぶっ通しでやったり、 目に入った筋トレマシンは片っ端からやらないと気がすまないそうです。なかなかパワフル。一方仕事では細かい 気遣いで営業さんをしっかりとフォロー。しかも明確な目標も持っていて、素晴らしいですね。 これからますますの活躍期待しています!


レンタル、保守という業務を通じて、
自社の技術、ノウハウを提供していく

SOL営業部 浜田 成仁


Q : 国際産業技術(以下、KSG)に入社したきっかけは?

A : 私は2010年にKSGに入社したのですが、それまでは、PC周辺機器メーカーで営業をしていました。 その前はオーディオ系の会社にいたんですが、ちょうど Windows 95 の発売の頃で、パソコンがもの すごく売れていた時代だったんですね。そこで、その会社もPCショップを始めようということに なって、その立ち上げに参加しました。その時は、これからパソコンの時代が来ると感じました。


Q : 最初はオーディオ系の会社だったんですね。

A : 私、バンドマンだったんですよ。なので音楽に関係する会社に入りました。髪の毛も肩の下くらい までのロン毛で束ねた、いわゆる元祖アキバ系でしたね。それで店に立ってましたよ。

Q : バンドのロン毛ですか!?今の浜田さんからは全く想像がつきませんね。

A : 今でも、時々やっていますよ。昔みたいに激しくはないですけど、「オヤジバンド」で、地域の 集まりとか、小学校なんかでもたまに演奏します。

Q : なるほど。すみません、衝撃的な過去を聞いたので、意外な方向に話しが行ってしまったのですが、 今のお仕事を聞かせてもらえますか。

A : 今はSOL(ソリューションビジネス)営業部という部署で、主にマルチベンダー保守やレンタルの 営業に従事しています。

Q : レンタルとはどんなものをレンタルしているんですか?

A : レンタルしている商材はUNIXサーバやIAサーバ、ワークステーション、ネットワーク機器などで、 最短で1か月、長いもので1年間くらいの期間でお貸出ししています。

Q : サーバをそんな短期間使用するというのがイメージ出来ないのですが、 具体的にはどんな用途があるんですか?

A : 用途として一番多いのは、製造系のお客様による、検証用や開発用としてですね。まずはレンタル 機器で様々なデータを取ったうえで、システムを構築していくという流れが多いです。ただ、通信 キャリアや金融系のお客様に本番用として使用されることもあります。

Q : 保守というのはどんなことをやられているのですか?

A : うちの会社のようなIT商社の本来の目的は、リプレイス向けの販売です。ただ、機器を長く使用して いるとメーカー保証が切れてしまうことがあります。そこでマルチベンダー保守が生きてくるのです。
 メーカー保証が切れた製品をKSGで保守やメンテナンスを行い、そこで人間関係を築くことで、将来的 にリプレイス案件につなげることもできます。

Q : 浜田さんが仕事をする上で最も大切にしていることは何ですか?

A : やはり『人』ですね。どんな案件でも、最初と最後はやっぱり『人』ですから。人間関係は何よりも 大切に考えながら仕事をしています。昔はイケイケドンドンでしたけど(笑)今は、年相応の営業を 心掛けているつもりです。
あと、こんなことを言うのは生意気かもしれませんが、うちの会社はこの 業界で長くやっているので、技術もノウハウもあります。ただ、お取引先様などからは大手さんと比較 されて、なかなかうちの良さが知られていない場合がありますので、そこを変えていきたいと思っています。

今日はお忙しい中、ありがとうございました。


【ちょっと横顔】

かつてのアキバ系ロン毛バンドマンも、今では中学1年生の娘さんがいるお父さんだそうです。娘さんとは 今でも仲が良く、買い物も一緒に行くそうですが、ユニクロでは笑顔を見せるのに、アルタだと急によそよそ しくなるとのこと・・・。 う〜ん、まさに年頃の女子の微妙な心理なんでしょうね。109に一緒に行けるように

頑張れお父さん!


「自分の給料は自分で稼ぐ」
入社半年にしてこの言葉

SP営業部 大隅 雅史


Q : 国際産業技術(以下、KSG)に入社したきっかけは?

A : 実は私、電車の車掌になりたかったんです。ですから、JR、私鉄、メトロなどの 鉄道会社を片っ端から受けましたが、残念ながら内定をもらうことが出来ませんでした。
 そこで、もう少し視野を広げて様々な業種に応募したのですが、KSGの会社説明会で、 人事部長が言っていた「当社は今、新入社員の力を必要としている」言葉を聞き、 新入社員を即戦力として見てくれる会社に魅力を感じ、また、面接の時、 「PCなどに詳しくなくても大丈夫。むしろ何も知らない方がいい」と言ってもらったので、 不安が減り入社を決めました。

Q : 現在どのような業務に携わっていますか?

A : SP営業部という部署で、法人様向けにPCやサーバーなど主にハードウェアの営業に 従事しています。ottoSERVER店やホームページにお問い合わせいただいた、 お客様へのフォローも私の業務です。

Q : 新卒ということで、戸惑うこともあると思いますが?

A : そうですね。学生時代はまずは「自分」だったので、入社して「お客様第一」、 お客様のために仕事をするということを知り、戸惑うと同時になるほどと思いました。
 あと扱う金額が大きいということですね。先日も200万円ほどの見積を出したのですが、 学生時代にはあり得ない金額ですので、緊張しました。

Q : 入社してまだ半年ですが、これまでに自分のなかで変わったなと思うことはありますか?

A : 「自分の給料は自分で稼ぐ」という考えが出てきました。会社は私を採用するのに、 お金をかけてくれました。早く一人前になって、恩返しをしたいと思っています。

Q : 仕事の目標は?

A : 自分に与えられた予算をクリアすることです。

Q : 他には?

A : まずは、数字を達成することを考えてます。

Q : お休みの日は何をしていますか?

A : ほとんど外出しないで、家にいることが多いです。

Q : 将来の夢は?

A : 予算をクリアしたいです。

Q : それは先程聞きましたので・・・、プライベートなことでも良いですよ。

A : 早く結婚して、家庭を持ちたいです。

Q : ほう!若いのに立派なお考えですね。

A : そうですかね。私の家は祖母も同居しているので、家庭というものを 大切にしていきたいという考えが出てくるのかもしれません。

今日はお忙しい中、ありがとうございました。
これからも頑張ってください。


【ちょっと横顔】

実は大隅さん競馬が好きで、競馬場に足を運ぶこともあるとのこと。 最近万馬券もとったそうです。あのベビーフェイスで競馬新聞を赤鉛筆で 真っ赤にしてるなんて想像ができません・・・。 仕事でも数字へのこだわりを持っていますし、意外と熱い「漢」なのかもしれません。



< 新しい記事へ   2   [ 1 ]